ルールがいくつかあるので理解しておこう

ドローン

ドローンはたくさん市販されています。中には気軽に利用できるものもあるのですが、場合によって免許が必要になるので注意しておきましょう。ドローンは操縦者によってトラブルが起こってしまう可能性もあります。法規制なども厳しくなっているので免許は取得しておいたほうが無難です。基本的にドローンは免許はなくても飛ばすことはできます。その場合は150m以下の空域で飛ばすときは問題ありません。また人口が密集している地域で飛ばすときは免許が必要になるので気をつける必要があるでしょう。ちなみに免許を取得指定も特定地域や高い空域でドローンを飛ばすときは国土交通省の許可が必要です。飛ばしてはいけない地域では航空法や小型無人機の飛行が禁止されている場所などです。さらに電波法などに引っかかる場所は飛ばせません。上記以外だと飛ばすことによりトラブルが発生しそうなところも対象外です。飛行ルールは規制などがイマイチ理解できていないときは、国土交通省の管轄に相談をしてみましょう。ちなみにドローンの資格はいくつか用意されています。例えば民間資格などもあるので一般の方でも気軽に取得をスルことが可能です。また資格を取るにあたってお金も必要なので注意が必要です。

資格があれば関係する仕事ができる

ドローン

ドローン免許を取得していれば専門的な仕事をすることができます。例えば空撮カメラマンという仕事があります。こちらは最もメジャーなものでクライアントから注文を受けてドローンを使う空撮を行うのがメインです。例えばテレビ局やアーティストのミュージックビデオに使う空撮がほしいというときに仕事をします。他にも測量士という仕事もあるので知っておくと良いです。建設現場を空から撮影して測量を行います。人力で測量をするよりも非常に短い時間で作業を行う事ができるので需要はあるでしょう。大幅な時間とコストの削減が可能なので建築物をすぐに造ることも可能です。ドローンは農業の現場でもよく使われています。例えば農薬を散布するときにドローンを使用して上空から撒きます。人力で行うよりも短時間で散布をできるので手間がかかりません。ちなみに農薬散布は正確な操縦技術が必要になるので操縦者の腕が試されるでしょう。海外ではドローンを使用した宅配サービスもあります。日本では馴染みのないものですが海外では大手企業が使っているので知っておくと良いです。日本でも普及していく可能性が高いので将来的に注目の仕事です。

広告募集中