HOME>アーカイブ>解剖学や病理学などをやっていくことが基本

勉強することは多い

灸治療

医療機関でも人材を必要としているところが増えているのが鍼灸師の仕事で、特別な技能を必要とするために専門学校や大学に通うことで資格取得できる職業です。覚えることはたくさんあり勉強では解剖学や生理学病理学などを習うことによって、専門的な知識をはじめとした技術を手にすることができます。そして鍼灸師は人体にある経絡と呼ばれるツボを知らなくてはいけないことや、筋肉や神経の役割を知ることで治療ができるようになります。これらの基本を知ると同時にサービス業としての接客業務を覚えるための実践的なことをやっていくことで、これからの医療社会に通用する人材になることができます。

深いところの勉強

鍼灸

鍼灸師の学校はさまざまなタイプがありますが、専門学校では基本的な勉強はもちろん実践的なことまでフォローすることで、現場で通用するようになることができます。また大学で習う人は、じっくりと鍼灸について学ぶ機会がありますので、基礎的なこともそうですが病理学などの先進医療の現状まで学ぶことで、医療の核心に迫ることが可能です。医療施設で働くことができるので医師との連携で仕事をすることになることから、学校選ぶ基準としては医療業界との関りを優先する人もいます。

高齢化社会に向けて

鍼治療する女性

また高齢化社会に対応していくには介護業界のことも知らなくてはいけないので、介護資格と一緒に取得する人もいますので、これからは幅広い見方をしていけるのも魅力です。鍼灸師を目指す人の中には若い人だけではなく、転職をしようと30代から50代の幅もあることからいろいろな年齢層が頑張っています。専門学校などはキャリアアップできるようにカリキュラムもプログラム化されているので、インターンシップから働く環境を体験することもできます。

広告募集中